SUNAGA

気づけば、トントン拍子でプログラマーの道へと進んでいました。

社員紹介-須永-2016年3月入社

入社理由

私は大学を中退後、しばらくの間フリーターをしていました。PCを使う仕事に興味を持ったのは、アルバイト先のインターネットカフェが、ものすごくPCエラーの多い店だったから。ネットが繋がらないとか、ウィルス感染とか、もうそんなことは日常茶飯事でした。

そうした対応を経験していくうちに、「少しPC知識もついたことだし、ちゃんと就職するならPCを使う仕事がいいな」と思うようになって。あとは、ずっと立ちっぱなしの仕事をしていたので、「そろそろ座って仕事がしたい」という気持ちもありましたね(笑)。
ただ、私は簿記も持っていないし、工業系の学校に通っていたわけでもなかったので、「デスクワーク 初心者」で仕事を探しました。そして見つけたのがリリーブです。

今の仕事内容

受託開発をしている会社で、SEとして要件定義から基本設計、結合テストまでを担当しています。キャリアを重ね、お客様の要望を聞きながら現実的な落とし所を探す、といった折衝業務も増えてきましたね。

以前は「いかにキレイなコードを書けるか」に重きを置いていましたが、今は「どういう設計にすれば後々の修正がラクになるか」まで考えられるように。その辺りに、自分自身の成長を感じています。

仕事のやりがい

単純に、自分がソースを書いたものが動くとやっぱり今でも嬉しいです。特に、お客様の要望通りに動いたときには「できた!」という達成感がありますね。動かないときはヤキモキしっぱなしですが、1か所を少し変えただけで動いたときには「来た!」という感じ(笑)。

また“作って終わり”ではなく、作ったものが実際に使われ、その中で修正が重ねられていくことを想定し、自分なりに「先を見越した設計ができた」と思える瞬間にも手応えを感じるようになりました。

仕事の厳しさ

開発の仕事を始めて4年になりますが、まだまだできないことだらけ。奥の深い仕事なので、できるようになったことよりも、自分のできなさを痛感する日々です。

仕事を通じてレベルアップしたと思っても、新しい案件がスタートすればまた分からないことが出てきます。今でも「えっ、これは…どう書けばいいの?」と頭を抱えることもしばしばです(苦笑)。

リリーブの「未来の仲間」に一言

自分の限界は、自分で決める。これが一般的な常識ですよね。でもリリーブには、自分自身で「ここまではできる」「これ以上はできない」と線引きしている以上のことができるようになる環境があります。

私は転職先を探していたとき、「プログラマーになろう」なんて一切思っていませんでした。それが今や、さらにステップアップしてSEとして要件定義から携わり、クライアントとの折衝業務までできるように。「自分なんてまだまだ…」と思う反面、最初に目指していた以上の自分になれていることもまた事実です。

リリーブは、「自分の知らない可能性に気づける場所」だと私は思っています。業界的にもすごく刺激の多い環境なので、向上心を持っている人ならきっと楽しみながら働けると思いますよ!