リリーブの社員はどんな仕事をしているの?

リリーブは何をやっている会社なの?

リリーブは何をやっている会社なの?

IT技術は、今や人々の生活に関わるあらゆる分野で使われています。
たとえば、家電のテレビやデジカメ、自動車のカーナビ、ゲーム機の本体やソフトといった身近なものにも、IT技術は欠かせません。
したがって、IT業界では日々、多種多様なシステムやサービスがつくられています。

リリーブは、そのIT業界で「サービスやシステムをつくりたい」というお客様(企業)を支援している会社です。
開発現場で事務をはじめとする様々な業務を請け負うことで、エンジニアやプログラマーの方々の負担を軽減し、プロジェクトが円滑に進むようサポートしています。

リリーブの社員はどんな仕事をしているの?

リリーブの社員はどんな仕事をしているの?

現在、約8割が金融業界でのお仕事です。
具体的には、たとえばインターネットバンキングシステムなど、金融機関の稼働に必要不可欠なシステムをつくる現場で働いています。

実際にシステムをつくるのは、エンジニアやプログラマーといった技術者の皆さんです。
しかし、各プロジェクトは「システムをつくって終わり」というものではりません。
手順書を作成したり、開発内容を記録したり、といった事務作業も発生しますし、決められた期間内にプロジェクトを終えるためには、全体のスケジュール管理をする人も必要です。
リリーブの社員は、そうした“裏方”の仕事で現場のサポートを行うことで、エンジニアやプログラマーの方々が実務に集中できる環境をつくっています。