YOKOTA

大手銀行を辞めてリリーブへ。この選択、大正解でした!

社員紹介-横田-2017年4月入社

入社理由

「事務スキルと、金融の知識を身につけたい」との思いから、新卒で大手銀行に就職。狭き門をくぐり抜け、銀行窓口という希望の仕事につけた私でしたが、待っていたのは入社前後のイメージのギャップでした。というのも、業務内容の大半は外回りで、思うようなスキルアップを図れなかったからです。

そこで、早くも水面下で「未経験OKの事務職」に関する情報収集を開始。でも、「ただの事務なら誰にでもできる」という思いもあって…。そんな中、私が以前から気になっていたのが“IT”というキーワード。「これからの時代はさらにITの需要が高まる」と考えていたので、【未経験からスキルアップを目指せるIT事務】を募集していたリリーブという会社を見つけて、ビビッときました。

今の仕事内容

金融系に強いIT企業の本社で、庶務をメインに担当しています。資料を作ったり、電話応対をしたり、会議室を予約したり、といった感じですね。あとはまだお手伝いレベルですが、Excelの関数を使って、各部署から上がってくる営業数字の集計・管理もしています。

入社前は、「Excelって名前は聞いたことあるけど…何?」というレベルで、もちろんスキルも全然ありませんでした。私が今の仕事で使っているPCスキルはすべて、リリーブに入社してから身につけたものです。

私の場合は議事録を取ったりコピーをしたり、といった庶務は経験せずに開発の仕事にチャレンジすることになったので、リリーブの中では珍しいパターンかもしれません。

仕事のやりがい

もともと事務を希望していたこともあり、前職時代と比べて今は「やりたいことをやれている」という気持ちでいっぱいで、毎日が充実しています。まだまだ勉強中の身で、現場で戦力にはなれていないのですが…。新しい関数を1つ覚えたりするだけで、すごくうれしくなります。

前職では入社3ヶ月くらいで「辞めたい…」と思い始めましたが、リリーブに来てからは新しい知識が増える毎日が楽しくて、「時が過ぎるのが早い!」と驚くほどです。

仕事の厳しさ

自分の知らなかったIT企業に配属されたこともあり、今は「圧倒的に知識が足りない」という現実を突きつけられています。金融用語は割と理解できるものの、IT業界の専門用語や社内用語などは、初めて聞く言葉ばかり。右も左も分からず、覚えることだらけなので、とにかくメモを取りまくる日々です。早く、周りの皆さんに追い付きたいですね。

リリーブの「未来の仲間」に一言

リリーブはまだ小さな会社ですが、だからこそ「社員一人ひとりの意見が会社のトップ(社長)に伝わりやすい」ことが良い点だと思っています。前職時代は「言われたことをやっていればそれでいい」「自分が何か言っても会社は変わらない」と思っていましたが、リリーブに来て、私も考え方が変わりました。

社長との距離が近く、意見が通りやすい分、リリーブには「会社をもっと良くするために、自分にできることはないかな」と一人ひとりが自発的に考える風土ができています。今、「仕事が楽しくない」「自分が何のために働いているのか分からない」といったモヤモヤを抱えている方にこそ、ぜひ来てもらいたいですね。