SUNAGA

気づけば、トントン拍子でプログラマーの道へと進んでいました。

社員紹介-須永-2016年3月入社

入社理由

私は大学を中退後、しばらくの間フリーターをしていました。PCを使う仕事に興味を持ったのは、アルバイト先のインターネットカフェが、ものすごくPCエラーの多い店だったから。ネットが繋がらないとか、ウィルス感染とか、もうそんなことは日常茶飯事でした。そうした対応を経験していくうちに、「少しPC知識もついたことだし、ちゃんと就職するならPCを使う仕事がいいな」と思うようになって。あとは、ずっと立ちっぱなしの仕事をしていたので、「そろそろ座って仕事がしたい」という気持ちもありましたね(笑)。ただ、私は簿記も持っていないし、工業系の学校に通っていたわけでもなかったので、「デスクワーク 初心者」で事務職を探しました。そして見つけたのが、リリーブの求人です。

今の仕事内容

IT系企業の本社で、プログラマーとしてソースを書いています。といっても、入社後いきなりプログラマーになったわけではありません。1つ目の現場では、短期でコールセンターのような簡単な業務を担当していました。その間に、研修中に学んでいたVBAを使って自分でツールを作ってみて、社長に「こんなものができました」なんて提出していたんです。そうしたら、社長から「次、開発の現場に行ってみる?」と言われて。気づけば、トントン拍子でプログラマーの道へと進んでいました(笑)。

私の場合は議事録を取ったりコピーをしたり、といった庶務は経験せずに開発の仕事にチャレンジすることになったので、リリーブの中では珍しいパターンかもしれません。

仕事のやりがい

単純に、自分がソースを書いたものが動くとやっぱりうれしいです。特に、お客様の要望通りに動いたときには「できた!」という達成感がありますね。動かないときはヤキモキしっぱなしですが、1か所を少し変えただけで動いたときには「来た!」という感じです(笑)。

また、実際に本番環境を見ていて、自分が作ったものが使われていると分かったときも、やりがいを感じますね。

仕事の厳しさ

できたときの喜びが大きい反面、なかなかできないときは泣きそうになります(笑)。それに私は新人なので、「美しいコード」も書けません。一生懸命コードを書いていても、それを2,3秒見た先輩から「なんでこんな汚い書き方をしているの?」と言われることも…。

現場で「当たり前」とされていることも、私にとってはまだ未知の世界の話。今はそういう点を1つひとつ先輩に聞いてクリアにしながら、知識を増やす努力をしています。

リリーブの「未来の仲間」に一言

ふつう、自分の限界って自分で決めるものですよね。でもリリーブには、自分自身で「ここまではできる」「これ以上はできない」と線引きしている以上のことができるようになる環境があります。私は就職先を探していたとき、「プログラマーになろう」なんて一切思っていませんでした。だから社長の「開発の現場に行ってみる?」という一言がなければ、今の私はいなかったでしょう。

他のメンバーも同じです。最初は簡単な庶務をしていた人も、次第に「こんなこともできるんじゃない?」と自分ができると思っている以上の仕事を振られるようになります。それで自然と知識やスキルが上がっていくんです。だからリリーブは、「自分の知らない可能性に気づける場所」だと私は思っています。